Is That a Supre???

こだわりと憧れの1台
ADSC_9126_D_re.jpg
今年もAWESOME CARSをよろしくお願いします。

今年一発目はこちらの車両を!と決めており、

大分、温めてしまってすいません。

あの極低GSから乗り換えた緑川さんのスープラを

一発目に掲載します。


自他共に認めるトヨタ党の緑川さんがセダンを

乗っている頃から欲しかった一台がそう

80スープラになります。

緑川さんは流行りを理解して、カスタムに落とし

込むのがとても上手な方で、今回はGSを降りて今の

流行りなどを分析、自分の憧れなどを加味して、

スープラ購入を決断したそうです。

やっぱりトヨタ党で90年代スポーツカーと言えば、

スープラになっていて、やっと乗れて嬉しいです!と

熱く語ってくれました。




ADSC_8693_D_re.jpg




ADSC_8702_awe_re.jpg




ADSC_8708_D_re.jpg




ADSC_8711_D_re.jpg




ADSC_8717_awe_re.jpg




ADSC_8732_D_re.jpg




ADSC_8739_D_re.jpg




ADSC_8744_D_re.jpg




ADSC_8764_awe_re.jpg




ADSC_8779_awe_1_re.jpg




ADSC_8808_D_re.jpg




ADSC_8828_awe_re.jpg




ADSC_8858_awe_re.jpg




ADSC_8862_awe_re.jpg




ADSC_8876_awe_re.jpg



緑川さんのスープラ愛は止まりません。

「ボディは平成一桁とは思えない洗練された

ボディラインで、このボディラインを崩さずに

しっかりカスタムしていくことを念頭に置いて

いたので、オリジナルボディにこだわりました。

GSでは前後フェンダーは理想形にしていきましたが

スープラでは爪折り・爪切りをせずにオリジナルを

貫いています。その分、ホイールやタイヤは妥協せず

攻めきれるところまで攻めているつもりです。」



「自分の中で80スープラと言えばゲトラグと

思っています。現在の価格高騰の中では、どの

グレードでもスープラに乗れるということ自体が

とても嬉しいことですが、その中でもやっぱり

こだわりを捨てきれず、NAでもゲトラグ搭載している

グレードを選びました。今後も十分楽しめる

と思って買ったもの一因です」




ADSC_8890_D_re.jpg




ADSC_8906_D_re.jpg




ADSC_8916_awe_re.jpg




ADSC_8919_D_re.jpg




ADSC_8926_awe_re.jpg




ADSC_8931_D_re.jpg




ADSC_8939_D_re.jpg




ADSC_8949_D_re.jpg




ADSC_8948_D_re.jpg




ADSC_8953_D_re.jpg



正直、GSからのギャップがあったのも事実でしたが

しっかりスープラをカスタムしている姿は冒頭でも

伝えた”90年代スポーツカーを楽しむ”ということを

もうすでに体現している様でした。

爪を切らず折らずでもツラを決めて、車高を視覚的に

きちんと低く見せるパーツチョイスにはカスタム玄人

である緑川さんらしさが出ていました。




ADSC_8978_awe_re.jpg




ADSC_8980_D_re.jpg




ADSC_8985_D_re.jpg




ADSC_8996_D_re.jpg




ADSC_9013_D_re.jpg




ADSC_9022_D_re.jpg




ADSC_9000_D_re.jpg




ADSC_9096_D_re.jpg




ADSC_9202_D_re.jpg




ADSC_9530_D_re.jpg




ADSC_9226_D_re.jpg




ADSC_9126_D_re.jpg




今後のスープラライフを語ってくれました。

「色々、調べて試行錯誤していくのはとても楽しく、

走りに重きを置くことも一つの楽しみであると

最近は考えています。ターボ2JZへ換装し、

RZ化計画も視野に入れています。ゲトラグへの

こだわりにターボ2JZが加わったら夢の一台に

なってくれると思います!」




本当にカスタム談義は楽しいものでした!

今後の緑川さんから目が離せません。

最後までありがとうございました。

0 Comments

Post a comment